歯科クリニックは歯で悩める市民に力を貸してくれる街の診療所

MENU

環境面の特徴

高齢者への対応

歯科クリニックに用があるのは、働き盛りの若者ばかりではありません。特に、住宅街などを始めとする街のクリニックを利用しようとする顧客層は若者ばかりではなく、むしろリタイア層の高齢者が多くなることも想像できます。
そして、高齢者にとって問題になるのが段差です。若者にとっては気になるものではなかったとしても、高齢者にとっては小さな段差すら厄介です。
その理由は、車いすを利用したり、また手押し車に依存する必要がある健康状態にあったりすることなどが懸念されます。いずれの場合も、段差が存在することがとても大きな壁になります。
また、そういった台車系の製品のお世話になっていなかったとしても、杖をついて歩いたりする場合でも段差は危険性がある他、運動能力が低下しつつある高齢者には見た目に健康でもやはり段差は厄介です。
そういった問題を解決することができるように、街の歯科はバリアフリーに対応している点が大きな特徴です。
繁華街やオフィス街の歯科クリニックにはあまり見受けられないバリアフリー環境ですが、高齢者がよく通院することを全体にしているクリニックではバリアフリー環境が設計されていることがとても大切です。
階段の代わりにスロープを配置したり、フラットな環境にしたり、そういった細かな工夫を行っていることでだれでも施術を利用することができる点は、街の歯科クリニックだからこそ見られる特徴です。

小さな子供への配慮

街の歯科クリニックを利用する客層として、専業主婦を始めとする子育て層の男女も考えられます。
ですから、小さな子供への配慮としてキッズスペースを設置していることは注目に値します。
オフィス街など、健康な大人が通うことを前提にしているクリニックにはそういったサービスがないことも少なくありません。その分、仕事が終わってからでも通いやすいようにサービスが配慮されています。
その反面、街の歯科クリニックには子供への配慮がなされていることから、子供を育てている世帯が利用しやすいという特徴があります。
つまり、それぞれの状況に合わせたクリニック選びができるといえます。